男性器が曲がってしまう理由と仕組み

男性

陰茎湾曲症は、勃起時に陰茎と呼ばれる場所が、根元あるいは途中から通常とは違う方向に曲がっている症状のことです。勃起していないときは、曲がっていませんが、勃起をすると何故か曲がってしまうのが特徴です。一番多い形は、下方向に向かってへの字のように曲がっている形です。性的興奮の信号が脳から送られてくると、男性器に血液が集中し、勃起します。この男性器の中には、白膜と呼ばれる海綿体や神経、血液を覆っている膜があります。勃起をすると白膜が伸びるのですが、この白膜がどのくらい伸びるかによって、勃起時の男性器の形が決まります。勃起した際に曲がってしまうのは、この白膜の膨張率のバランスが崩れてしまうのが原因と言われています。男性器が曲がっていると自覚するのは、勃起が始まる10代の頃からです。こうした症状は、ほとんどが病院で治療が可能となっています。

包茎手術が無料でしてもらえる

悩む男女

東邦大学医療センター大森病院では、陰茎湾曲症の治療にあたり、包皮環状切開という方法で手術を行う場合、包茎手術を無料でやってくれます。希望があれば、ついでに包茎の無料で手術もできるので、良いサービスと言えます。この包茎手術は、手術前に皮をどのくらい切るか、想定して切ります。その為、勃起していない状態では、皮が亀頭に被る可能性があります。また、包茎の手術後は、性交は可能ですが、皮を激しく動かす自慰はできません。どうしても自慰をする際は、潤滑ゼリーなどを利用するようにしてください。